生活に困った個人に対してファクタリングを行い、給与所得者が勤務先に対して有する給与(賃金債権)を一定の手数料を徴収して買い取り、給与が支払われた後に、個人から資金の回収をする方法を給与ファクタリングという。

一般的なファクタリングと給与ファクタリングの最大の違いは、ファクタリングが「債権の売買」であるのに対し、給与ファクタリングは「貸付け」に分類されることだ。

この方法を悪用し、生活に困った個人に高い利息で給与ファクタリング貸付けを行う業者が存在する。
これは闇金と同じものである。以下にこの悪徳業者の共通点を紹介する。

闇金、給与ファクタリング業者の共通点

・高い利息の請求
年率換算で109.5%を超える利息を請求された場合、悪徳な闇金業者の可能性が非常に高い。
現在の法律では、年率換算で109.5%を超える利息の場合、高い利息の請求と判断され、契約そのものが無効になるからだ。

・金融庁に登録貸金業者の登録がない
給与ファクタリングは貸金業として扱われるため、財務局長または都道府県知事の登録を受ける必要がある。
これらの登録がないファクタリング業者は闇金や、グレーゾーンの悪徳なファクタリング業者である可能性が高い。

まとめ

こういった、闇金ファクタリング業者を利用する人は、クレジットカードや銀行系カードローン、消費者金融などで借り入れが出来なくなり、やむを得ず給料を「担保」に利用してしまうケースが目立つ。

上記の共通点に当てはまったファクタリング業者を利用したことがある場合、闇金ファクタリング業者の可能性が高いので、連絡を絶ち、警察に相談したり、弁護士に借金相談、過払い請求を行うことが必要だ。

また信頼できるファクタリング業者を選ぶ際は、Web上の情報だけでなく、実際に事務所、会社住所に足を運び、担当者と話をした上で、納得できるファクタリング会社を探してみることが重要だ。

ファクタリング業者の中には即日融資に対応している優良会社も多いので悪徳ファクタリング業者に騙されることなく即日で資金確保出来るファクタリングZEROで即日振込、即日入金をオススメします。